ふじりんご

子供から大人まで、幅広い年齢層に愛されている果実。
アップルパイ・焼きリンゴなどのおやつだけでなく、サラダや料理にも使われているリンゴ。
8月15日にオンライン科学誌にて、温暖化によるリンゴの堅さと甘みの変化について、話題になった。
これは地球温暖化の進行結果、堅さが減少した代わりに、甘みが増したというもの。

 

果樹研究所によると、リンゴの糖度・酸の量・気象の条件を分析した後、過去30年の間に平均気温1度上昇・酸の量15減少・糖度5%上昇したとのこと。
なお、これはリンゴの代表品種である「ふじ」の結果によるもの。

 

温暖化により甘みが増えるということは、小腹が空いたときの間食にちょうど良いのではないだろうか。
脳に糖分が送られて、夜の作業に集中できて、ダイエットにも効果的かもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加